タトゥー除去は簡単にできる|リスクが少ない除去方法

ある程度の知識が必要

医者

タトゥー除去にはリスクがつきものですが、小さいものあれば簡単に除去できることがわかります。そして大きいものに関しては除去後傷跡が残ってしまうということをしっかり覚えておかなくてはいけないです。理解した上での受診が必要となります。

読んでみよう

タトゥーを消したい人

身体

タトゥー除去はクリニックを十分に調べて、専門家のアドバイスを得て、最適な治療法で行う必要があります。気軽にタトゥーを入れる人が多い反面、消したい人も多い昨今では、今後もタトゥー除去をされる人は多いでしょう。

読んでみよう

除去も可能なタトゥー

女の人

ファッション感覚でタトゥーを入れる人が増えていますが、日本ではそれによって生活が不便になってしまうケースがあるため、それを解消するためにタトゥー除去を行なう人も増加傾向にあります。治療にあたっては、レーザー機器を用いた施術を利用することで、肌に傷を残さずにタトゥー除去をすることが可能になっています。

読んでみよう

刺青を消す治療

刺青

治療方法を知る

ファッション感覚で入れてしまった刺青を、後になってから消したいと希望するようになるケースが少なくありません。刺青を体に入れるのはある意味でとても簡単なことですが、キレイに消すのはとても難しいのが実情です。下手くそな医師にタトゥー除去を頼むと、醜い傷跡が肌に残ってしまうおそれがあります。いくら刺青をなくすことができても、その部分の皮膚が荒れてしまったり赤くなったりでは、別の悩みを抱え込んでしまうことになります。そのような目に遭いたくないのであれば、タトゥー除去手術の経験を豊富に有している医師に執刀してもらうようにする必要があります。タトゥー除去には、皮膚を切除する方法、皮膚の表面を削る方法、皮膚移植、レーザー治療など、様々な方法があります。刺青の大きさや色味によって利用すべき方法が変わってきますので、医師とよく相談をした上でタトゥー除去治療の方法を決めるようにした方がよいです。

レーザー治療

レーザーを用いたタトゥー除去手術が高い人気を集めています。レーザーには、黒い色素に反応して熱を発するという性質があるため、刺青の色味によっては消せない可能性があります。しかし、黒っぽい刺青であれば、かなりキレイに消すことができるため、多くの人がレーザー治療を受けています。レーザー治療を利用する最大のメリットは、皮膚の表面にメスによる傷跡が残らないという点にあります。小さな刺青であれば、その部分の皮膚を切除してしまう方法が一番手っ取り早いのは確かです。しかし、皮膚を切除した傷跡が必ず残ってしまいます。また、皮膚の表面を削る治療を受けた場合も傷跡が残ります。でも、レーザー治療の場合は、皮膚の表面に目立つ傷跡が残ってしまうリスクがほとんどありません。また、術後のダウンタイムがほとんど不要であるため、日常生活に支障が出ません。レーザー照射を複数回受ける必要があるケースもありますが、体に負担がかからない方法であるため、多くの人がレーザーでタトゥー除去を行っています。